RSS

大雨の影響によるお荷物のお届けについて
一部地域で、道路規制の影響などにより、荷物のお届けに遅れが生じております。ヤマト運輸
【重要】ご注文殺到による発送遅延のお知らせ
現在多数のご注文を頂いており、発送及び受注メールの確認にお時間をいただいております。
そのため発送まで1週間~2週間程度かかる可能性がございます。
お待ちのお客様にはご迷惑をおかけいたしますが、なるべく早めに発送できるよう尽力致しますので、何卒ご理解をいただけますようお願い申し上げます。

萩・石見空港ミツバチプロジェクト

ハチミツプロジェクトバナー
過去の記事
2016年
2017年
2018年
2019年

◆萩・石見空港ミツバチプロジェクト

空港での養蜂は、ヨーロッパを中心に広がりを見せていますが、国内空港初の試みです。

空港東側の空き地には養蜂箱(縦44センチ、横53センチ、高さ27センチ)が10箱設置され、約20万匹のミツバチを飼育しています。
この「萩・石見空港ミツバチプロジェクト」の様子をご紹介します。


◆好評発売中!アジア初!萩・石見空港産「空港はちみつ」

萩・石見空港ミツバチプロジェクトで採取されたはちみつが商品化されました!
空港2階売店「エアポートショップ萩・石見」又は「萩・石見空港オンラインショップ」にて数量限定で発売開始!!

→「萩・石見空港はちみつ」商品ページ

今後も季節ごとに採取した新鮮な「純度100%のはちみつ」が入荷する予定です。(冬期は除く)在庫切れの際は「入荷のお知らせメール」登録をぜひおすすめいたします。
萩・石見空港2F「キッチンそらら」ではハチミツメニューもご用意しております。



◆「空港はちみつ」 6月20日(土) 発売開始!(2020/6/10)

2020年度(令和2年度)に収穫された「空港はちみつ」が、いよいよ6月20日(土)からエアポートショップ萩・石見などで発売されます。

2016年(平成28年)4月、アジア初の空港敷地内養蜂場「ビーガーデン」のオープンから始まった萩・石見空港ミツバチ・プロジェクト。

以来、養蜂場で採れたはちみつを商品化した「空港はちみつ」は毎年完売するヒット商品となり、2017年(平成29年)には、はちみつ資格取得者&はちみつ好きが最もおいしいはちみつを選ぶ「ハニー・オブ・ザ・イヤー」コンテストで最優秀賞を受賞

2018年(平成30年)10月には、累計販売本数が早くも8,888本に達しました。 

メディアでも度々とりあげられ、昨年は日本テレビの『満点☆青空レストラン』(7月20日放映)で紹介されたことにより一気に知名度が全国区となり、今年は内閣府総理官邸国際広報室の官邸SNS『JAPAN GOV』(5月20日掲載)で取り上げられたことにより、海外でも知れわたるようになってきました。 

今年の「空港はちみつ」の商品ラインアップは、以下の通り。
  • 瓶入り120g 1,200円(税込)*価格変更
  • プラスチック容器入り280g 2,500円(税込)*価格変更
  • そらはちスティックA 400円(税込)、同B 760円(税込)、同C 880円(税込)* Aのみ価格変更

長らくお待たせしておりましたが、萩・石見空港ミツバチ・プロジェクトの養蜂チームが自信をもってお届けする「空港はちみつ」いよいよ発売開始です!!

空港はちみつ



◆ミツバチプロジェクトが紹介されました(2020/6/6)

山陰地方の旅やグルメをストーリー形式でじっくり掘り下げ、紹介するサイト【出雲テラス】

6月6日号に「萩・石見空港ミツバチプロジェクト」をご紹介いただきました。
プロジェクトスタートからのストーリー、ぜひご覧くださいませ。

→【出雲テラス】Webサイトへ


◆世界ミツバチデー(2020/5/20)

5月20日の『世界ミツバチデー』に合わせ、政府官邸SNS『JAPAN GOV』(Facebook / Twitter)にて当空港ミツバチプロジェクトが紹介されました。
ぜひ、ご覧ください。




◆風の丘公園のつつじ(2020/5/2)

4月後半からぐっと気温が上がり、西中国山地の風景も少しずつ移り変わっています。
空港周辺では早々にみかん、野大根の花が終わり、現在は西洋タンポポ、つつじ、椎の木が確認できます。

養蜂チームは自然に寄り添いながら採蜜に向けて着々と準備を進めています。
「空港はちみつ」の発売をお待ちいただく皆様には画像で5月2日に撮影した風の丘公園つつじと養蜂作業の様子をお伝えさせていただきます。
石見空港周辺の澄んだ空気感が伝わるでしょうか。

皆さまくれぐれもお身体には気を付けてお過ごしください。




◆☆彡春爛漫 「空港養蜂場」現在のミツバチの様子をご紹介します(2020/4/12)

暖冬の影響で全国的に数が激減していたミツバチですが、空港養蜂場では何とか群数を確保し4月の活動をスタートすることが出来ました。

飼育しているのはセイヨウミツバチ。
満開を迎えた花が終わるまで他の花に移ることなくひたすら取り続けます。

そのため季節によってはちみつの色と香り、味わいも変化。
百花蜜は地域性をよく表していると言えます。

3月から梅や桜、菜の花に集まるミツバチの姿をよく見かけましたね。

今年は何やらぷくぷくと花の咲き具合が良いような気がしています。
自然の働きに感謝です。

「空港はちみつ」は現時点で6月頃の発売を予定しています。どうぞ楽しみにお待ちくださいませ。




ページトップへ