RSS

【重要】新型コロナウイルス感染拡大にともなう配達遅延について
新型コロナウイルス感染症の発生にともなう影響により、現在お届けに遅れが生じており配達日のご指定をお断りしております。
お客さまには大変ご不便をおかけいたしますが、ご了承くださいますようお願い申し上げます。
→ヤマト運輸Webサイト
5%還元
クレジットカード決済を利用して注文した場合、カード発行元より決済金額の5%がポイントなどで還元されます。

※還元方法や還元時期は、カード発行元により異なります。詳しくは、各カード会社にお問い合わせください。
※海外カードなど、利用するクレジットカードによって消費者5%還元が適用されない場合があります。

萩・石見空港ミツバチプロジェクト

ハチミツプロジェクトバナー
過去の記事
2016年
2017年
2018年
2019年

◆萩・石見空港ミツバチプロジェクト

空港での養蜂は、ヨーロッパを中心に広がりを見せていますが、国内空港初の試みです。

空港東側の空き地には養蜂箱(縦44センチ、横53センチ、高さ27センチ)が10箱設置され、約20万匹のミツバチを飼育しています。
この「萩・石見空港ミツバチプロジェクト」の様子をご紹介します。


◆好評発売中!アジア初!萩・石見空港産「空港はちみつ」

萩・石見空港ミツバチプロジェクトで採取されたはちみつが商品化されました!
空港2階売店「エアポートショップ萩・石見」又は「萩・石見空港オンラインショップ」にて数量限定で発売開始!!

→「萩・石見空港はちみつ」商品ページ

今後も季節ごとに採取した新鮮な「純度100%のはちみつ」が入荷する予定です。(冬期は除く)在庫切れの際は「入荷のお知らせメール」登録をぜひおすすめいたします。
萩・石見空港2F「キッチンそらら」ではハチミツメニューもご用意しております。



◆世界ミツバチデー(2020/5/20)

5月20日の『世界ミツバチデー』に合わせ、政府官邸SNS『JAPAN GOV』(Facebook / Twitter)にて当空港ミツバチプロジェクトが紹介されました。
ぜひ、ご覧ください。




◆風の丘公園のつつじ(2020/5/2)

4月後半からぐっと気温が上がり、西中国山地の風景も少しずつ移り変わっています。
空港周辺では早々にみかん、野大根の花が終わり、現在は西洋タンポポ、つつじ、椎の木が確認できます。

養蜂チームは自然に寄り添いながら採蜜に向けて着々と準備を進めています。
「空港はちみつ」の発売をお待ちいただく皆様には画像で5月2日に撮影した風の丘公園つつじと養蜂作業の様子をお伝えさせていただきます。
石見空港周辺の澄んだ空気感が伝わるでしょうか。

皆さまくれぐれもお身体には気を付けてお過ごしください。




◆☆彡春爛漫 「空港養蜂場」現在のミツバチの様子をご紹介します(2020/4/12)

暖冬の影響で全国的に数が激減していたミツバチですが、空港養蜂場では何とか群数を確保し4月の活動をスタートすることが出来ました。

飼育しているのはセイヨウミツバチ。
満開を迎えた花が終わるまで他の花に移ることなくひたすら取り続けます。

そのため季節によってはちみつの色と香り、味わいも変化。
百花蜜は地域性をよく表していると言えます。

3月から梅や桜、菜の花に集まるミツバチの姿をよく見かけましたね。

今年は何やらぷくぷくと花の咲き具合が良いような気がしています。
自然の働きに感謝です。

「空港はちみつ」は現時点で6月頃の発売を予定しています。どうぞ楽しみにお待ちくださいませ。




ページトップへ